今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

心残りの事

明日、東京に行くんですが、いつもの出張ではなくて、転居で行くわけです。札幌なんて

高校を卒業したときは二度と戻って来たくないという気分で東京に行きましたが、結局卒業と同時に帰ってきてしまいました。

その2年後、研修で東京に行ったときも、二度と札幌に戻って来ることはないだろうと思ってましたが、なぜか1年半後に札幌で働き始めていました。

それから12年、まさかまた東京に行くことになろうとは、自分でも数か月前まで思っていませんでした。

地方都市で余生を決め込むにはまだ早いというわけです。

 

難しい話はさておき、札幌を離れるにあたって唯一、寂しくて残念だと思うのは、よく行っていたススキノのお店のことだけです。

アイドルカフェとかろぽっさとか、星組からのエンペラーとか、シルクとかエルとかナチュとか、シーサイドクラブとかスリラーナイトとか、来々軒とか獅子王とか豚ソバfuji屋とかみのやとか、あんな店やこんな店、振り返ればほんとに面白いことばかりで、写真を小田和正の曲に合わせて語ればいい話風になりそうな思い出だけが蘇ります。

 

今後は、東京から出張で来た行きずりの客という体で楽しみたいと思います。