読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

モツの朝立ちの事

南3条西4丁目のウィンズのある中通りに「モツの朝立ち」という店があり、今年の2月ころに1人でフラっと入ったのですが、これが大変美味しい。

モツの朝立ち

食べログモツの朝立ち

2月に入れたときはちょうどカウンター席が空いていて、普通に入れたんだけれど、その後、もう一度行ってみようと思って店の前を通るといつも満席で入れない。18時ころに店の前を通ると、なんと開店待ちで並んでいる。2月に入れたのはたまたまラッキーだったみたいだ。あとで調べてみたらグルマンズいとうの系列店とのことで、人気があるらしい。

https://www.instagram.com/p/BCWTJDRxW51/

 

一番美味しかったのが、ふぐもどき。

https://www.instagram.com/p/BCWTsDoxW6x/

これはミノを薄切りにして、フグ刺しみたいな感じで食べるやつなんだけれども、食べてみると、コリコリとした食感がまさにフグ刺しみたいな感じで、抜群に美味しかった。これが忘れられなくて、もう一度食べたくて、何度か店の前を通ってみたけれども、その後一度も入れていない。

 

モツの朝立ちにはガツ刺しもあり、これもまた美味しい。

https://www.instagram.com/p/BCWTg2rRW6e/

 

そして、こういう安っい店には欠かせないモツ煮込みもちゃんとある。

https://www.instagram.com/p/BCWTZ7HRW6V/

しかし何故か辛くしてある。あるべきモツ煮込みはこういうのではない。

 

他にも、ハツ刺し、牛ハツの薬味あえ、はちのすの和え物、鶏レバ梅煮など、内臓系のそそられるメニューがいくつかある。

普通に串焼きもあり、また、なぜか中華料理もあるが、あまりそそられない。内臓系のつまみと酒で十分。

 

そのほか、まむしドリンクとかもあり、「朝勃ち応援します!」とか書かれている。

また、鼻がそびえたつ天狗の顔が壁に飾られている。

店の名前も下ネタでメニューも内装も下ネタなのが何故か分からないけれども、店名が下ネタでキャッチーなのが人気の要因のひとつだと思うので、これはこれで受け入れた上で店を訪問し、悪のりしてどん引きするような下ネタを言って自己嫌悪に陥り酔っ払って忘れるのが正しい楽しみ方であるに違いない。