今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

憲法をどのように変えたらいいのか教えること

 

参議院議員選挙が終わりまして,憲法改正議論が始まるかも知れないそうです。どこを変えるのかも議論の対象のようですが,早く変える必要がある順序という観点で考えると,今変える必要があるのはどう考えても9条2項で,その次が参議院の1票の格差問題だと思うんです。

 

野党はどうせ,改正反対というか,改正を議論すること自体反対と言って念仏を唱え続けるだけで,改正に当たって何らの建設的な影響力も行使しないんじゃないかと思っていましたが,民進党はここに来て議論に積極参加する方針だとかいう話もあるみたいです。議論すること自体反対とか言ってたらもう社民党と同じように消滅に向かって進むだけですので,ギリギリで消滅の危機を感じとって方向転換できるかもしれませんが,その前に,ここで,私が,建設的な議論を展開したいと考える訳です。

 

たたき台とされている自民党憲法改正草案があり,細かいところも含めていたるところ変えられていますが,憲法を変えるつもりがあるなら,論点を絞り込んで突破するためには,変える必要があるところは全部変えてしまおうというような発想ではなくて,どうしても変える必要がある部分だけ最低限の変更を行うという発想で考えた方がよいと思います。

 

現行の憲法9条は以下のとおりとなっています。

 

第二章 戦争の放棄

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

9条1項にいう「国権の発動たる戦争」は,要するにただの「戦争」と同じ意味だと解釈されています。

また,9条1項にいう「国際紛争を解決する手段として」の戦争とは,侵略戦争を意味する(自衛のための戦争は国際紛争を解決する手段としての戦争ではない)と解釈されています。

要するに,9条1項は,侵略戦争を放棄する(自衛戦争は放棄しない)という条項です。

これに何か問題ありますか。全く問題ないと思います。

しかも,9条1項には,「永久にこれを放棄する」と書かれています。永久に放棄した権利は,改正によっても取り戻すことは理屈上できないはずです。

9条1項は変える必要は全くありませんし,変えることには理屈上の問題がありますので,1字1句変えない方がいいと思います。

 

他方,現行の9条2項は,どう考えても変える必要があります。自衛隊は必要最小限度の実力だから「陸海空軍その他の戦力」には該当しないとかいうエキセントリックな解釈は,教育上も精神衛生上もよろしくないです。また自衛戦争でも「国の交戦権」が認められないのはおかしいです。

 

たたき台だとされている自民党憲法改正草案はこうなっています。

 

第二章 安全保障

(平和主義)
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

 

第二章のタイトルが「戦争の放棄」から「安全保障」へと変わっていますが,変えなくても問題ないなら変えない方がいいと思います。侵略戦争は放棄したのだから「戦争の放棄」でも間違いではないですし。

 

現行憲法では「国権の発動たる戦争・・・は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」となっているのに,自民党改正草案では「国権の発動としての戦争を放棄し、」となっています。

これでは,「国際紛争を解決する手段として」であるかどうかに関わらずあらゆる戦争を放棄する,つまり自衛戦争も放棄するという意味の条文になってしまうと思います。2項で自衛権の発動を妨げないと書いてあり,自衛権の発動と自衛戦争との違いは何かという無用な解釈上の混乱を招きそうです。

現行憲法の条文の方が論理的によくできているので,余計な改変は必要ないと思います。

「永久にこれを放棄する」というのもなくなっていますが,永久に放棄した権利は取り戻せませんので,こういう改変も必要ないです。

自民党憲法改正草案の9条2項はこれでいいと思いますが,もう少し考える余地があるような気もします。

 

つまり,憲法9条の改正案は,以下のとおりとするのがいいと思います。

第二章 戦争の放棄

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。

 

なお,自民党憲法改正草案には続きがあります。

 

(国防軍)
第九条の二 我が国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めるところにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に審判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。

(領土等の保全等)
第九条の三 国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。

 

自衛隊に関する規定を憲法に置くことは必要だと思います。

大日本帝国憲法ではこう書いてありました。

 

第11条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第12条 天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム
第13条 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス

 

特に軍のネーミングはなかったみたいです。

ネーミングはいろいろだと思いますが,自衛隊とか防衛省という言葉になじみがあるので,「国防軍」と言われると何か違うもののようなので,自衛隊のままでいいように思いますし,軍を入れる必要があるなら,自衛軍とか防衛軍でいいように思います。

 

その他はまた今度にします。