読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

洞爺湖マラソンを反省する事

今年の目標のひとつが「何でもいいのでとにかくフルマラソンをひとつ完走すること」なので、今年初めてのフルマラソンとして洞爺湖マラソンに出ましたが、39km過ぎで回収されました。

いつも15kmあたりで脚の付け根などが痛くなって痛みで走れなくなってしまい、あとは散歩、というパターンを繰り返していたんだけれども、今回は「30kmまでは、これで大丈夫かと思うくらい余裕を持って走る。30kmから本気で走り、それまではアップだというくらいの気持ちで走る。どうせそれでも30kmあたりではいっぱいいっぱい。」というゴールデンアドバイスに従い、辛さほぼゼロの出力で、超スローペースで走った。

それでも、やはり、15kmくらいでペースが落ちてきて、中間地点あたりまでくると、ちょっと脚が痛いような感じが出ててしまい、何度か止まって股関節をストレッチして進むようになった。だけど、以前はハーフマラソンで力尽きていたことを考えると、中間地点でこの程度の疲労で済んでいるというのは驚きだった。

「いや、これなら行けるな」と思って中間地点を過ぎて少ししたところで、なんと、コースが横路にそれて、恐ろしい上り坂が3kmほど続いていた。ここで精神的には力尽きた。さすがに上りは無理。事前にコースを頭に入れておかないからこういうことになる。事前に知っていれば、ここで精神的に打ちのめされることもなかった。そうして、ここで歩いてしまったのだった。

歩いたり走ったりしながらも何とか横路の折り返しまで行き、今度は上ってきたコースを下るわけで、下りなら大丈夫だろうと思ってしばらくちゃんと走ってみた。上りよりはずっといいけれども、それでも、脚が痛いと下りだろうが何だろうが走れない。結局、歩いたり走ったりしながら横路を何とか終えた。

ここら辺で猛烈に腹が減ってきた。お腹がすいて力が出ない。持っていた飴をよく味わってなめながら、歩いたり走ったりして進む。歩く時間が長くなっていく。これは30kmの関門は間に合わないかもしれない。

そうこうしていると、食べ物コーナーに行き当たる。バナナとスイーツを食べたら空腹が満たされ、少し元気が出た。しかし、元気が出ても、脚が痛いので大して走れない。

バナナとスイーツを食べ終わったところで、30kmの関門が見えた。「あと30秒です」とのこと。もう30kmでいいやと思っていたんだけれども、目前でそう言われると、間に合うように身体が動いてしまう。結局、30kmの関門を数秒前にクリアしてしまう。

こうなると、もう次の関門まで行かなければならない。次は確か37.5km。えっ、まだ7.5kmも進まなきゃならないの、と絶望的な気分になりながらも、37.5kmの関門でもういいやと思い、洞爺湖の絶景を眺めながら歩く。

歩いてみて分かったのが、歩くと1km10分だということ。歩いているとヒマだからいろいろと考える。1km10分で、次の関門まで7.5kmだから、このまま歩くと75分かかる。他方、30km地点の打ち切りが13:20で、37.5kmの打ち切りが14:30分だから、この間70分。歩いても75分なんだから、ちょっと走って頑張れば70分以内に37.5kmまで行くのは余裕なんじゃないか。37.5kmの関門をクリアしたら、次の関門はたしか40kmあたり。ここまで来たら、せっかくだから、37.5kmで回収されるより、40kmで回収されよう、と、37.5kmの関門を突破する方向で思考がまとまってしまった。

そうこうしているうちにもう30分くらい歩いていたので、ないエネルギーを振り絞って、再び走り始める。そうして、またまた制限時間直前に37.5kmをクリアしてしまった。

クリアしてからまた歩き、歩きながら考えた。ゴールまであと4.5kmほどだ。ゴールの制限時間は15時で、あと30分ある。1km6分くらいで走ればゴールできる。1km6分で4.5kmなんて余裕じゃないか。そう思って、ゴールを目指して走り始めた瞬間、無理だと分かった。脚痛すぎ。

そうこうしているうちに、39kmを越えたあたりで14:45になってしまい、後ろからパトカーに乗ったおっさんがやって来て、窓から顔を出して、「はい終わりです」と私に告げたわけです。

 

後日ラップタイムを確認してみたところ、

05km  0:31:07
10km  0:31:39
15km  0:33:15
20km  0:36:40
中間  0:08:26
25km  0:36:13
30km  0:45:10
35km  0:54:08

となってました。最初の20kmくらいは1km7分くらいで一定のペースで走っているような気がしていたけれども、最初の最初はもっと早かったということが分かった。

他方、30kmから35kmまで54分もかかっている。1km10分以上かかっている。止まった記憶はないけれど。こんなのでよく37.5kmの関門に間に合ったと思う。

 

いずれにしても、走れなくなってしまったら終わりだということが分かりました。

自分が思っているよりもかなり遅くても、走り続けさえすれば、完走はできそうです。

何で脚の付け根が痛くなるのでしょうか。練習してないからだろうとは分かっていますが。

 

来週は、1.コースと関門をちゃんと事前に頭に入れて、2.股関節を超絶ストレッチして、3.これでもかというほどスロースタートで、挑戦したいと思います。