今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

2014年すすきの美味しかったお店ランキングを振り返ること(ロスガトス)

今年も基本的には1人で,たまに2~3人で,月1回くらいの頻度でロスガトスに通いました。大人になると,1人でビールを飲みながら英単語を覚えたくなるんです。

関連ランキング:スペイン料理 | すすきの駅(市営)すすきの駅(市電)豊水すすきの駅

2006年に札幌に戻ってきてからスペインバルを探してみたときには,すすきのにはスペインバルは全然ありませんでしたが,その後,徐々に増えて,今となっては4~5軒はあるんじゃないでしょうか。
その中でも1人で行きやすさナンバーワンは圧倒的にロスガトスです。もちろん複数人でも楽しめて,たまに合コンとかにも遭遇しますが,1人客も受け入れてくれる雰囲気です。

この店で何を頼むかというと,ツブ貝のエスカルゴ風は外せません。
一般的には,スペインバルに行く理由ベスト5は,(1)居心地が良い,(2)イベリコ豚のハムがある,(3)パエリアがある,(4)アヒージョがある,(5)カヴァがある,といった感じだと思いますが,ロスガトスに行く理由となると,「ツブ貝のエスカルゴ風がある」という理由がベスト5に食い込んできます。

http://instagram.com/p/rmQroXRW6S/

要するにツブを焼いたやつなんですが,酒の肴につまむのに最適です。量も1人にぴったりです。

それから,余力があれば,ハモン・セラーノを頼みます。

http://instagram.com/p/rmT5WYRW-T/

1人ではちょっと多いくらいの量なんだけれども,せっかく来たのでどうしても食べたくなってしまいます。なお,よく知らなかったけれども,ハモン・セラーノとハモン・イベリコは別の豚らしいです。

ハモン・セラーノ - Wikipedia

ハモン・セラーノスペイン語: Jamón Serrano)はスペインで作られる生ハムである。「ハモン」とはハム、特に熟成したものをいい、「セラーノ」は「山の」という意味である。

塩漬けにした豚肉を長期間気温の低い乾いた場所に吊るして乾燥させる。主に改良種の白の後脚から作られ、イベリア半島原産の黒豚であるイベリコ豚から作られるハモン・イベリコとは種類が異なる。ハモン・セラーノは鮮やかなピンク色でやわらかい食感と塩味が特徴。アラゴンテルエル産、グラナダのトレベレス(西:Trevélez)産などが有名。

ヒューガルデンホワイト>ツブ貝のエスカルゴ風>(余力があれば)ハモンセラーノ>(余力があれば)クルスカンポ」と流している間に,英単語も10個くらい覚えられます。なお,ヒューガルデンホワイトはベルギーの白いビールですが,生ビールで飲めるので,こちらも欠かせません。

http://instagram.com/p/dROHzlxW2b/

この写真は米風亭ですが。