読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

千円でベロベロの店のこと

最近,いかに安くベロベロになるかという方面に興味が湧き,いわゆるセンベロの店を探していたところ,センベロ街となりつつある西狸小路(奥狸小路)に,「魚平」という有名な店があることを知った。

 

 

見ていると,明るいうちから,スーツ姿の男とか,スーツ姿でない男とかが,1人,また1人と店に入っていく。

その流れに紛れて店内に入ってみると,牛丼店方式のコの字型カウンター席がたぶん20席くらいあり,それとは別に,テーブル席が5テーブルくらいある。

牛丼店方式のカウンターなので,1人でも余裕で座って居続けられる。

まだ明るいのに,スーツ姿の男とか,スーツ姿でない男とかが,何人もいる。

 

カウンターの1席に座り,メニューを見ると,60分飲み放題880円とある。

個別で頼むと,クラシックのジョッキが1杯420円。2杯で840円だから,3杯飲むともとがとれる。

夏の暑くてたまらない日にノドからからで行くのでなければ,1時間でビールジョッキ3杯以上はちょっと難しいかも。

クラシックのジョッキを単品で注文する。

なお,ビールじゃなくてハイボールもある。トリスハイボールが1杯280円,角ハイボールが300円だった。

 

アルコールを頼むと,お通し300円が強制的に追加される。

お通しは,バイキングコーナーみたいなのがあって,そこから小皿に1度だけ盛り放題。

内容は,揚げ物系が1品と,サラダ系が1品と,煮物系が1品という感じ。

さらに,アラ汁もあり,これは飲み放題らしい。

 

ビール1杯(420円)とトリスハイボール1杯(280円)飲んで,バイキングコーナーのお通し(300円)をてんこ盛りにして,アラ汁1~2杯飲んだら,かなり満足するだろうけれども,それでも合計は驚愕の1000円。

まさにセンベロ。

 

もっとも,私の予算は1万円なので,贅沢に刺身をつまみたい。

刺身のメニューを見ると,色々単品があるほか,刺身5点盛り合わせで1000円。大好きな貝系の刺身を見ると,あわび600円,つぶ500円,ほっき400円,ほたて350円。そして貝三点盛合せ1200円。

全然高くはないけれども,驚愕の安さという訳ではない。やはり飲み物が安い分,食べ物も格安というわけにはいかないのだろうと,期待せずに,貝三点盛合せ(あわび,つぶ,ほたて)を頼んだら,予想外に豪華なのが来た。

 

http://instagram.com/p/ok03EFxW6U/

 

あわびもツブもホタテもそれぞれ1個丸ごと出てきた。

しかもアワビのキモまで付いているではないか。

これ一人で食べられるだろうかと一瞬思ったけど,余裕で食い尽くした。

 

ビール1杯とトリスハイボール1杯飲みながら,バイキングコーナーのお通しをてんこ盛りにして,アラ汁1~2杯飲んで,さらにアワビとツブとホタテの刺身を食べても,2200円。

ハイボールをやめとけば千円台なのでまだセンベロ。

 

もうちょっとリーズナブルな食べ物のメニューもいっぱいあるので,2000円あれば余裕で満足してベロベロになれそう。

 

今後しばらくはこの店によくいるかもしれませんが,この店で一人で飲んでいる姿を見掛けても冷たい目で見ないでください。