今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

今会えないももクロと会える℃-ute@札幌の事


11月22日のももクロ仙台のチケットもあえなく撃沈し,仙台遠征がなくなってしまった昨今、会える℃-uteに会いに札幌市民ホールへ出かけました。
結果、予想外のことばかりでした。

1. 席が想像以上に近かった
二階席なのに全然二階ではなく、ほんとすぐそこだった。札幌市民ホールは新しくなってから初めて入ったけど、席とステージが近くて良かった。

2. 歌もダンスも想定外に良かった
曲自体の良し悪しはともかく、歌は良かった。口パク疑惑など存在せず,ちゃんと歌だった。ダンスもカッコよくて見入ってしまった。
特に,悲しきヘブンというやつが,歌に惹き込まれた。



本当にもっと歌のうまさを生かせる曲がもっとたくさんあれば良いのにと思う。

3. ハロプロ研修生が小中学生だった
同行してきたハロプロ研修生が小6〜中3という事実に目を逸らしたくなる気持ちが生じた。喋りもしっかりしててダンスも完成度が高くて、厳しい世界で懸命にがんばっていることがひしひしと伝わってきて感動するとともに、自分の小中学校時代の馬鹿さと比べて凹んだ。

4. 当日券売ってた
自分のような一般人にとってはそれほど人気ないグループかも知れないけど、これだけのクオリティなんだから、せめて当日券では入れない程度には人いっぱいになっても良かったんじゃないかと思う。

そういうわけで、要するに、想定外に楽しめた。
次に℃-uteライブ行くときは、訳あって、全身ピンクで行こうと思う。