今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

ヘッドフォンを買う事

最近,英語のリスニングばかりやっていたところ,イヤフォンというものは耳の穴にフィットしないし,聞こえにくいし,ずっと着けていると耳が痛くなるし,嫌だと思い,ヘッドフォンを買うことにした。

それでもって,ヨドバシカメラに行くと,いくつかメーカーがあるが,安心と信頼のaudiotechnica一択。

audiotechnicaのヘッドフォンも,もちろんピンキリで,2000~3000円くらいのものから20万円くらいのものまである。

もちろん安い方がいいのだけれど,試し装着しまくってみると,安いものはやっぱり安っぽい。

ヘッドフォンの両側からコードが出ているものと,片方からだけ出ているものとがあり,前者を両出しコード,後者を方出しコードというらしいけれども,やっぱり比べてみると,両出しコードはコードが邪魔くさい。

耳に当てる丸いところはハウジングと言うらしいけれども,その部分の大きさも,耳より小さいものが多い。ここが耳より小さいと,耳全体が覆われないので,耳の一部が挟まれている状態になる。ずっと着けていたら痛いし,心地よくない。

右耳と左耳をつなぐバンドは普通頭の上をとおるのでヘッドバンドというらしいけれども,これが頭の上ではなくて首の後ろを通る形のネックバンドというものもある。こっちの方が心地いい人もいるらしいけれども,自分は,ヘッドフォンを装着しながら寝転がる可能性が高いが,その場合,ネックバンドだと,枕と後頭部の間にバンドが挟まって痛くなりそう。なので,普通のヘッドバンドの方がよい。

あとは,装着感。ハウジングの部分が固定されているものよりも,自在に回転するものの方が,フィット感がすばらしい。

そうして,いろいろ装着してみて, これはすばらしい,となったのが,これ。



頭と耳の形,角度にぴったりとくっつく素晴らしいフィット感。
耳全体を包み込むほどよい大きさ。
すばらしい。
と思い,ちょっと高いけど,これ以外の物を買う気になれず,結局買ってしまった。




これで英語のリスニング力を強化したいと思います。
特に目的はないけれど。