今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

急性胃腸炎になつた事

先週の金曜日,旭川駅を歩いていると,急にふらりと眩暈がした。
これは少し病的な眩暈だなと自分でも感じたけれども,とりあえず薄野で予定があつたので,JRに乗つて札幌へ向かつた。
汽車の中で席に座つていると,今度は何故か寒気がしてきた。
クーラーが効いていることによるものではない寒気。
これは駄目かも分からん。
札幌駅に着いてタクシーに乗り,仕事場に荷物を置いて,薄野の待ち合わせ場所へ向かう。
熱があるような気がする。
やはりこれは駄目かも分からん。
そして,酒を飲んだところ,自分で自分の症状が理解できなくなり,楽になつた。

翌日の土曜日,朝起きると,気怠い感じがあり,寒気もする。
結婚式に向かい,夜,披露宴にも出る。
そこで酒を飲むと,やはり,自分で自分の症状が理解できなくなり,少し楽になつた。
けれども,定期的に,非道い腹痛に悩まされる。
腹痛が発生すると,治まるまで,じつと堪えていなければならない。
そのとき,顔が熱くなる。汗も出てくる。

そして土曜の夜に帰宅すると,もう身体が持たない。
倒れ込み,体温を測ってみると,39度以上ある。
頭痛も腹痛も治まらない。
とりあえず寝たが,夜中の3時頃から,1時間おきに,腹痛で起こされる。

翌日曜日の朝,病院へ行く。
急性胃腸炎。生焼けの肉とか,痛んだ古い食材など,何か悪いものを食べたのではないかとのこと。
過去一週間くらいを思い返せと言う。

そういえば7月9日月曜日の夜,東京出張で汐留に泊まつていたので,新橋のきたなめで一人で入れそうな焼き鳥屋に入り,店員から「当店のおすすめです」と言われて注文した白レバを,店主が,「レアですのでどうぞ」と,さもサービスしておきましたとでも言うかのような口調で言いいながら持つてきたのだつた。
「別に生レバーは好きではないし, そもそもレバーは好きではない。レバ刺しが食べられなくなつて残念だとも思つていないし,レバーを半生で焼いてもらつたからつて,嬉しくも何ともない。みんながみんな生レバーが好きだとでも思つているのだろうか。」などと思いながら,結局全部食べたのだった。
他にはつくねとかねぎまとかも食べたけれども,お腹を壊すようなものだつたとは思えない。
他にはお腹を壊すような物は食べていない。
そうすると,白レバ(レア)が原因ではないだろうか。

「焼き鳥屋に行きました。生つぽいものもあつたかも知れません。」と医師に説明した。

治療方法は,絶食することだという。
絶食しながら,点滴で栄養を補給し,安静にするのが,一番早く治るのだという。
早く治りたければ,入院するのが一番だけど,どうする,と聞かれた。
入院・・・。したことがない。暇そう。三連休のうち二日を入院して過ごすのはあんまりである。
同じく安静にするのでも,家でごろごろしてた方がましである。
入院まではいいです,と回答した。

その後,2時間点滴を打ち,対処療法的な薬を処方してもらつて,帰宅した。
そして,日曜日はまる一日,そして月曜日の昼まで,水分補給をしつつ,食べ物は食べずに,寝ていた。
外はとても良い天気である。

そうして,月曜日にはまともな顔ができるような状況にまで回復し,その後,現在に至つている。
まだ完治していないので,思いつきり食べたい物を食べることができない。
自分の胃腸の都合で,食べたいものが食べられないというのは,何と辛いことなのだろうか。
今まで胃腸が弱い人に対する配慮が足りなかつたことを反省した。