読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

ストーリーとしての競争戦略?の事

先週,本を仕入れるときに,一橋の先生の面白そうな本を見つけた。


帯には,「戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある!」と,面白そうなコピーが書かれている。

そして,まだ少ししか読んでないけれど,たぶん一言で言ってしまえば「戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような面白いストーリーにある!」という内容で,少なくとも,この本自体は,面白いストーリー仕立てにはなっているわけではないようで,「・・・んっ?」という感じ。