今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

「観光コースでない台湾」之事

台湾情報を仕入れようと本屋を探していたら,「観光コースでない台湾」という本があった。



なんだこれ,と思ったら,中身は意外と面白い。
帯には,
「半世紀にわたり日本の統治下にあった台湾。その歴史の現場を,台湾に移り住んだ気鋭のルポライターが,撮り下ろし126点の写真とともに紹介。台湾の歴史と文化が理解できる一冊!」
とのことだけれど,写真よりも文章が多く,見る本と言うより読む本。

日本統治時代の話は神社の跡の話が多かった。それよりも,台湾の民族についての説明が詳しく載っていてわかりやすかった。台湾は意外と多民族国家なんだとわかった。

ネットで調べてみると,「観光コースでない」シリーズというものがあるらしい。




この中で圧倒的に読んでみたいのはこれ。


観光コースでないサハリン(あるいは樺太),とか,観光コースでない外満州とかもあればいいのにと思うけれども,もともと観光コースがないのかも知れない。