今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

茶のしずく石鹸使用とアレルギーとの因果関係の事

茶のしずく石鹸:アレルギー問題 主婦が「悠香」提訴--福岡
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111224ddm041040044000c.html

 福岡県大野城市の化粧品製造販売会社「悠香」が販売した「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使ったことで、重度の小麦アレルギーを発症したとして、同県の主婦(40代)が悠香を相手取り慰謝料など約6200万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁(田中哲郎裁判長)に起こした。提訴は10月31日。女性の代理人によると、22日の初弁論で悠香側は旧製品の使用とアレルギー発症との因果関係の立証を女性側に要求し、請求棄却を求めた。



小麦加水分解物を含有する「旧茶のしずく石鹸」(2010 年12 月7 日以前の販売分)
による危害状況について‐アナフィラキシーを発症したケースも‐

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20110714_1.pdf

これを見ると,けっこう症状が重篤な例があるらしい。

国立病院機構相模原病院 臨床研究センター 福冨友馬先生
…しかも、この食物アレルギー反応は、呼吸困難や血圧低下など命にかかわるような重篤な症状を来すことも珍しくない。
この加水分解小麦による健康障害に関して、多くの一般の方はしばしば「もともと小麦にアレルギーがある人が旧茶のしずく石鹸を使ってアレルギー症状を生じてしまったのだろう」と勘違いしているが、実際はそうではなく、「もともとアレルギー体質のない健康な人が『旧茶のしずく石鹸』を使用したために新しく小麦アレルギーを発症してしまう」のである。



だけど,これを見ると,因果関係の立証も色々と手間がかかるようです。

アレルギー情報センター > 小麦加水分解物含有石鹸「茶のしずく」を使用したことにより発症する小麦アレルギーに関する情報センター
http://www.allergy.go.jp/allergy/flour/index.html