読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

行政府が弁護団を作る事

東電賠償請求手続き、弁護士が代行…政府方針
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111016-OYT1T00168.htm

 政府は15日、東京電力福島第一原子力発電所事故の損害賠償手続きが進んでいない問題で、複雑な請求手続きを弁護士が代行するなど、被災者を支援する制度を新設する方針を固めた。
 政府の原子力損害賠償支援機構や、福島県内に支援のための弁護団を設けることなどを検討している。



行政府が弁護団を設けるんでしょうか。
そんな発想はなかった…。