読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

時間がない

ここ最近、時間がない。
時間がなくて、ロシア語の宿題も満足に出来ない。
仕事等であれば時間がない中で効率的にこなすことも出来ようが、語学の勉強、この歳での単純な暗記は、効率的にやったとしても、時間を費やさなければどうにも覚えられない。
録画されているはずのあの花も、配信されているいろはも、見る時間がない。
色々と考えなければならない事柄についても、十分な検討の時間がとれない。
100点以上の仕事をどんどんとこなすのみで、120点を狙う時間などない。
睡眠時間など削っても頭が退化するだけで、全能力を注げる時間が増える訳では全くなく、むしろ能力のマックスが下がるのみで、何の良いこともない。

静かに集中できる時間が欲しい。

そんなときは、こういう方法があるらしい。

誰にも邪魔されず集中したい時の5つの防御策
http://www.garbagenews.net/archives/1755973.html

1.「自分は居ません」状態にする
2.「今忙しい」「邪魔しないで」をアピールする
3.「集中時間中は邪魔をしない」の見本を示す
4.電話やメールに即時応答する必要は無い
5.時間差作業を行う


どれも使えない理由がある。
1.は、居ません状態にしてばかりいたら、そのうち、居なくてもよい、と言われるかも。
2.は、使いすぎると家庭内の問題を引き起こすという諸刃の剣。
3.は、相手がこちらの気遣いを感じ取ってくれるなどと期待すると失望する。
4.は、レスポンスが遅いと言って切られるかも。
5.は、生活時間が、世間とずれる。友人知人家族ともずれる。問題が起きる。