今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

親不孝な高齢の子から親を護る方法に関する事

高齢の親が、判断能力や気力体力が衰えてきているのに乗じて、脅したりすかしたり盗み出したりなどして、親の財産を勝手に使う、親不孝な子がいる。
そういう事例は、親も相当高齢で、子もそこそこ高齢。
いい年して何ということを、と思うし、その親不孝な子の気は知れないが、対処の仕方は悩ましいことが多いと思う。

一つの解決方法としては、財産の管理を誰かに委ねてしまう、という方法がある。

子が、高齢で何も言えない親に「金よこせ」と言っても、その親が「財産は全部弁護士さんに預けちゃったから、弁護士さんに言って。」と言う。
そうすると、子は、どうするだろうか。罪悪感を感じているのであれば、普通は、弁護士に連絡して「親の金をよこせ」と言うのは躊躇するのではなかろうか。


財産管理契約:財産管理に係る法律上・事実上の行為を委託する委任ないし準委任契約。
成年後見などとは違うので、意思能力、判断能力があっても使える。

どういうことをするかというと・・・

1.重要な財産を預ける

通帳、印鑑、権利証(登記識別情報)、印鑑登録カード、株券、有価証券など、重要な財産を預け、保管してもらう。

ただそれだけといえばただそれだけなのだけれど、
「息子が勝手に通帳と印鑑を持ち出して預金を解約した!」
「息子が勝手に実印と印鑑登録カードを持ち出して不動産を売ってしまった!」
「実印をなくした!」
などということを防ぐことができる。


2.出入金を管理する

年金等の収入が振り込まれる口座の通帳と印鑑を預かって、定期的に記帳する。
口座からお金を引き出して、税金、公共料金、賃料、医療費などの支払を代行する。

「入金の確認も支払も、毎回毎回自分でやるのは面倒」
「家賃を支払いに銀行に行くのは体力的にもキツい。でもネットバンキングなんてできない。」
「税金の支払を忘れていて、差押えが来た!」
「家賃を払い忘れていたら、退去を求められた!」
などに対処することができる。


3.生活費などの交付

口座からお金を引き出して、日常生活に必要な手許のお金を、定期的に振り込んだり手渡したりする。
上限やルールを決めておくこともできる。

「手許にあればあるだけお金を浪費してしまう」
「息子がお金をせびりに来た。手許にお金があれば渡してしまう。」
「しつこい訪問販売が来た。手許にお金があれば、つい押し切られて買ってしまう。」
などを防ぐことができる。


4.定期的な訪問や連絡の委託

定期的に家を訪問したり連絡をとったりして、変わったことがないか確認してもらうよう委託することもできる。


5.死後事務の処理の委託

死んだ後の事後処理について、予め依頼しておくこともできる。


6.その他

契約なので、事情に応じて、様々なパターンの取り決めを比較的自由に行うことができる。