今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

百鬼夜行と行方不明のターンテーブルの事


年末年始実家に帰ると、母親がVHSビデオでチャンネルと時間を設定してテレビの録画予約をしている。しかもアナログ。
そこで今日ブルーレイレコーダを買って実家に設置してあげた。
テレビがアクオスなのでブルーレイレコーダもアクオスのものを買ってあげたが、アクオスのブルーレイは操作性がいまいちの気がする。
ソニーにしておけばよかったかも。

帰りに、実家においてあった大量の京極夏彦の百鬼夜行シリーズを持って帰ることにした。
ついでに、ずっと実家においてあったレコードとDJセット(ターンテーブル×2とミキサー)を自分の家に持って帰ろうと思って家の中を探してみると、なんとターンテーブルが1台しかない。
親に聞いてみると、家にはターンテーブルは1台しかない、という。
家中探しても、たしかにない。
使われていない間、タンテは弟の部屋に飾られてあったので、弟が持って行ったのかと思い、電話して聞いてみた。
すると、「函館から実家に帰ってきたときには2台あったが、そのうち1台なくなった。お兄ちゃんが持って行ったんじゃないの?」とのこと。
しかし自分の家にはない。
振り返ると、
2000年ころ ターンテーブル2台買う。
2003年4月 東京立川から札幌実家に引越
2005年4月 札幌実家から東京練馬に引越、弟が函館から札幌の実家に引越(弟によればこのときはターンテーブルが2台実家にあったらしい)※このとき実家に2台置いていったはず。練馬には持って行っていない。この時以来自分の家にタンテはない。
2006年10月 東京練馬から札幌中央区に引越
2011年1月 実家にターンテーブルが1台しかないことに気付く

2005年4月から2011年1月までの間にどこかにやってしまったようだが、なくすような小さいものでもないし、捨てたはずもないし、誰かにあげたりした記憶もない。
いったい、いつ、どこにやってしまったのだろうか・・・。自分がどうにかしたのであろうか。全く記憶のない自分がこわい。