今世紀百物語

生きているのか死んでいるのか

健康之事

銀翹散に喉を救われたこと

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉がありますが、健康に関して言えば自分は全くその言葉のとおりです。 具合が悪いときはそのことばっかり考えてしまい、もう生きているのも嫌になるほど落ち込みます。それなのに、治ってしまうと、具合が悪かったこと…